「事実を追求する」ことがカオスな時代を生き抜く唯一の方法。

  • 2022年4月2日
  • 2022年4月2日
  • NOTES

2022年も4月に入りまして、つい先日新年が明けたと思ったらもう鶯が鳴き綺麗な桜が咲く季節、、そんな時間の流れの速さにうろたえている僕(@ka_zz)です、ごきげんよう。

2月26日、ロシアがウクライナに侵攻したニュースは世間を騒がしているわけですが、今回も新型コロナウイルスと同じように何が事実で何がフェイクなのかまったく分からない状況です。テレビ、新聞などの報道は、ワシントンからアメリカの大手メディアへ伝わった情報をそのままコピってるだけですので、信頼するに値しないことを、これまでの歴史が何度も証明しているにもかかわらず、多くの人がにわか正義の人になってウクライナ信者となっています。

そう、信者なんですよね、皆さん。

世界では21世紀だけでも各地で戦争、紛争が起きておりまして、特にアメリカが侵攻したアフガニスタンやイラクの戦争は甚大な市民の被害が出ています。アメリカが侵攻した時、現在のウクライナ信者の皆さんは、その偽(ニセ)正義感で自分の正義っぷりをアピールしたのでしょうか?

ほとんどの人がしていません。それどころか無関心。

2014年のウクライナ紛争の時、今回の信者の皆さんは騒いだでしょうか?

ほとんどの人がしていないでしょう。

世界のあちこちで市民が被害を受けている紛争が起きているのに、どうして今回だけ盛り上がっているのでしょうか。その理由のひとつにマスメディアであるテレビがあります。少し前までは新型コロナウイルス騒動で毎日のように大騒ぎしていたテレビですが、紛争が始まったとたんに話題の中心がウクライナに変わりました。

テレビはスポンサーからの広告収入を得る商売です。

なので、視聴率を稼ぐことが何よりも大事。ですので、テレビを見る人にとって珍しい出来事であればあるほどその衝撃が大きいですから視聴率を稼ぐことができます。もっとも良い例が大地震や台風、そして津波など。ちなみに原発に関することはどんな事故が起きても可能な限り「小さい出来事」のように見せかけたのが2011年3月11日に起きた事故でした。

視聴率を稼ぐこと。これがテレビ局にとってはいちばん大事なので、報道する内容が本当でも嘘でもどちらでもいいし、それを見た人(視聴者・一般市民)にどんな影響が及ぼうが関係ないのがテレビです。最近でいえば「ワクチンは安全ですから打ちましょう」とテレビが言っているのでそれを信じてワクチンを打って、死んだり重大な副反応が出てもテレビは責任を取りません。

見て情報を信じた人の自己責任です。

 

20年ほど前にテレビを見なくなった僕は、本やインターネット、そして自分の体験によってマスメディアの情報を鵜呑みにしてはいけないと思うようになりました。マスメディアが報道する情報で信頼しているのはせいぜいスポーツの結果くらいです。

ここ最近はSNSや個人のブログなどでも情報を拾っています。

その場合、ワクチンを例にするならワクチン賛成派(ワクチン信者)とワクチン反対派(こちらも信者)の両方の意見と情報を見るようにしています。

理由は簡単です。どちらも信用していないからです。

賛成派も反対派も同様に思考が止まっているからです。

ワクチン賛成派も反対派も、それぞれに正義を掲げており、その正義を証明するためのデータや情報しか集めていません。自分の考えや正義にそぐわない情報は色々理由をつけて切り捨てています。それはまったく信頼できるものでなくただの主観でしかない。

では、何を信頼して僕は自分の行動を決定しているのか?

 

それは「思考を止めずに事実を追求している人」の情報です。

 

ワクチンに賛成するのではなく反対もするのではなく、何が事実なのか?という視点で何が本当なのかを追求している人の情報が僕にとっては判断材料となっています。しかし、それでも情報は情報でしかありません。最終的な判断は僕のなかにある直感と違和感に従います。

なぜなら、自分の直感と違和感に従って判断したことは過去の経験で僕自身を助けたり、良い方向へ事が運んだからです。それが天の声なのか守護霊の声なのか分かりませんが、とにかく助かっているという経験からの信頼です。

それについては話が広がりすぎてしまうので、このくらいにします。

 

兎にも角にも「思考を止めず事実を追求している人」以外の情報はいっさいあてにしません。そうなるとテレビ、新聞は今回のウクライナ騒動ならワシントンからのバイアス(偏り)満載の情報ですし、コロナワクチンなら製薬会社から高い値段で大量に買わされてしまった日本政府のバイアス満載な情報しか流していませんので0.01%も信用することはできないのです。

 

これから時代は大きく揺れ動くでしょう。

僕たちが想像もしなかったことが次々起こると僕(@ka_zz)は予想しています。

そんな時、何を信頼して自分の行動を決めていくのか?はとても重要になってきます。その指針として「事実を追求する姿勢」がある人を今から見つけておくといいのではないでしょうか。

 

そして事実かどうか確認がとれない地球の裏側で起きている出来事に右往左往している暇があったらしっかり仕事をして目の前のやるべきことをやったほうが世界が平和になる近道です。

 

▼未来を予測するための参考本

Samastha lokah sukhino bhavantu.

 

 

最新情報をチェックしよう!